読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足痩せサプリスラリに含まれている成分のヒハツとは





▲Su.Ra.Ri公式サイト▲



冷えに悩む女性たちに漢方でもあり、香辛料でもある「ヒハツ」が、今注目されています。


ヒハツはコショウの仲間で、別名「インドナガコショウ」や「ロングペッパー」とも呼ばれています。 東南アジアに自生するコショウ科のつる性植物で、果穂が円筒状になりますが、ここの乾燥物が香辛料として利用されています。 ヒハツの近縁種「ヒハツモドキ」は、沖縄や八重山諸島では「フィファチ」と呼ばれる香辛料として、豚肉料理や沖縄そばなどに使用されてきました。日本でも知られた香辛料です。


ヒハツは香辛料として利用されるだけでなく、中国では漢方として、インドでは5000年の歴史のある伝統療法アーユルヴェーダとして、「身体の冷え」を改善する目的で使われてきました。


ヒハツはコショウと同じく、辛味成分である「ピペリン」を含んでいます。この働きにより血管を拡張し、血流量を増加させて体の表面温度を高くすることができ、発汗作用もあるので新陳代謝を促進させる働きがあります。また、健胃・整腸作用や強精作用もあると言われています。


医学博士の先生の協力で臨床試験を行い、「ヒハツ」入りお茶の飲用により、手足の冷えが穏やかに改善することが確認された実験結果もあります。


「ヒハツ入りお茶を飲用した場合、手先の温度回復が早い傾向が明確で、手足の冷えを穏やかに改善する効果が確認された」 とのことです。


冷え性に悩む人にとって注目されている「ヒハツ」です。












































































なつぅみちゃんがプロデュースをした青汁
ハッピーマジックが激安!500円
送料無料